周囲にアピールする

色見本

良し悪しが集客に影響する

飲食店を経営する上で重要となってくるのが集客です。お店の外からはその飲食店がわかりにくいものですし、また入り込んだ場所にあるような場合には看板などを設置して周囲に知らせることが重要です。飲食店の看板の役目としてはお店の存在を知らせるほか提供している料理などを周囲に知らせるほかにも大きく人目をひくものであれば目立ちますし、それによって新規顧客を引きつけることができます。飲食店の看板を作るさいのポイントとしてはイメージに合ったものを作ることです。世間的にはさまざまな色のイメージが存在しますが、例えば赤い色であれば中華料理などが想像されますし、黒や白といったものは日本料理といったものです。木目を活かしたものも和風といったイメージを与えることができます。もちろんカラフルな色ほど人目をひくことはできますが、イメージと変わってきますから色の選び方は需要です。書体に関してはあまり違いはありませんが、何かアクセントを付けることが重要です。例えば料理に何らかの特徴がある場合で石窯を使っている場合にはそれらをアピールすることです。看板には単なるお店の名前だけでなくどのような料理を提供しているのかも書き加えることで集客力を高めることができます。一方で看板に工夫をすることは重要ですが、各自治体によって景観条例が存在します。このため景観条例に抵触しない範囲で、集客力が期待できる看板を作ることが重要になってきます。

Copyright© 2018 目を引く看板で集客を目指す【飲食店の活性化】 All Rights Reserved.