宣伝効果は抜群

店員

お店の顔となるもの

飲食店にとって看板はお店の顔となるものです。一昔前はネオンサインや大型な物が主流でしたが、現在ではA型やイーゼルにたてかけるタイプの物などの小型なものも多数採用されています。また、飲食店の中でも女性に人気のカフェでは、ナチュラルな雰囲気を出すために黒板タイプの看板を採用するお店も多いです。このように以前よりもは幅広いタイプの物が出回っています。初めて飲食店の前を通りかかったり、実際にお店に入ろうと考えている方にとって、看板はそのお店の特徴を知るツールとなっています。看板でその飲食店の雰囲気やおススメ商品、どんな物やサービスを扱っているか等が分かります。その看板を見てお客様はお店に入ろうかどうかを考えます。つまり、お客様がそのお店の第一印象を決める大きな要素であるというわけです。従ってお店の印象を大きく左右するものとなります。看板をどのような内容にするかによって、お店の印象は大きく変わっていきます。おススメ商品や雰囲気が分かりやすい看板ほど、お客様が興味を示して来店する確率が上がっていきます。親しみやすい雰囲気を作る事が大切です。また、看板自体も大きな宣伝効果を発揮します。看板が印象的であるほど、そこを通行する人の記憶に強く残ります。インパクトがあるほど、お店の場所や名前を覚えてもらうチャンスが広がるというわけです。「あの看板のお店に行ってみよう」とお客様に思っていただけたら大成功です。

Copyright© 2018 目を引く看板で集客を目指す【飲食店の活性化】 All Rights Reserved.